日々の靴2017/09/23 21:15

私、靴好きです。

などと唐突に書くと、
イメルダ夫人的な贅沢な靴が所狭しと・・・
など勘違いされそうですが、
その辺に売っている靴が好きなのです。

正確には靴の手入れ、
靴磨きと言ったら少しもっともらしい
確かにスーツ好きというより、
アイロンかけたりスチーム浴びせる
世話好きという事も同じかもしれません。

靴、って毎日必ず履きますし、
身体との接点の一番下の位置ですので、
居た堪れない装飾品のひとつ。

毎日偉いですよね、
重さに耐え、汗などの水分も吸収し、
それでいながら壊れずに
ヒトの身体を守ってくれている靴。

数万円もする大事な靴から、
毎日気兼ねなく履くことができるモノまで
千差万別です。
このギャップもまた楽しく、
そうは見えない安さのモノなのだが、
なんとも履き心地の良い靴が
世の中にはあるモノなのですよね。

これは、
気に入って数年ずっと履いている靴。
すでに少年のズック、
青年のスニーカーの如く、
毎日の出動率が高い靴。

その何年も履いている靴が壊はじめ、、
経年劣化して来ると、
また同じ所に買いにいく。

街の紳士服屋さんであって
靴専門店ではないのです。

ところが侮るなかれ。
メーカーへのOEMとしての
注文がしっかり筋が通っているので、
実に履きやすい。
靴専門店より、履きやすいのではない?
と思うのです。

今日も新しくしました。
みすぼらしくなる前に早めにね。
まるで床屋さんに行くみたいでした。

デイリーシューズですので、
店のお姉さんにこう言いました
「履いていくので古いの捨ててもらえますか?」

子供の時ってそうでしたね。
お気に入りのスニーカー壊れると、
靴屋に買いに行って履いて帰る。

履いてすぐに1時間歩いても、
指、踝にもあたらず、
カカトの入れ心地も抜群。
柔らかい本革のなせる技ですが、
この足入れの良さは本当にすごい。

ううむ。
こういう靴屋があればいいのに。
と、洋服屋で思うのでした・・・。

浅草オペラ100周年2017/09/20 23:53

1917年という年は、
浅草でのオペラ活動が始まった年で、
今年がその100年の節目。

明治大正期に於ける、
日本の西洋音楽導入の顛末や、
オペラ事始めのような歴史を
実演と研究で専門にしていたので、
この浅草オペラの100年目に関しても、
これまでの活動を再考したりしながら、
あちこちで話させていただく機会があります。

講座やミニコンサートなどの
浅草オペラ気分に浸る、
「風」はよくあるのですが、
そのまま舞台を魅せるのは大変であり、
しかしながら、
音楽と演出で関わった舞台が
大大円のうちに終了しました。

つい20年前は、
浅草でのオペラ上演という世界を
子供の頃に体感した方の話を聞き、
その頃の方々も90歳に届こうかという
大御所ばかりでした。
さすがに、
この100周年になると、
「聞いた話ですが・・・」という
事になるわけです。

ですので、浅草で上演してみると、
その頃の喧騒を知っているような方が、
いたわけですが、
現代は少しずつ客層も変わりながら、
街の変化と共に、
風化というより伝説という
一段高い神棚に祀られている様子です。

30代中心の歌手ばかりですので、
100年ばかりか、
20年前の浅草だって判らない事だらけ。
しかしながらこの公演を通じて、
先人たちの夢や音楽への気概を感じ、
不毛でもある現代の活動に生かす
ヒントを見つける事ができたかもしれません。

浅草でも日本だけでもなく、
オペラというスペクタクルが
私にも必要不可欠な血です。

これからも身近に、
そして肌身離さず応援したいです。

初秋2017/09/15 14:06

早いもので、と毎月言っていますが、
朝夕は過ごしやすい気候になりました。

この時期に見られる通称「曼珠沙華」

綺麗ですね。
妖艶な佇まいは、
惹きつけるというより、
寄せ付けない凄みがあります。

ヒガンバナ科というらしいですが、
毒も多くこの姿は威嚇なのでしょうか。
田園などに見かけることもあり、
不思議に思っていたのですが、
田畑を荒らす害獣の対策もあるらしく
実り多き秋の入り口に立つ
姫番頭ということですね。

咲き乱れる2週間ほどで
ぱったっりと姿を隠す潔さ。
他の季節では見向きもされず
ただこの時の役目の為だけに必死です。

仕事も興味ある舞台も、
この時期は目白押し。
ぱったっりといかぬように、
体調管理をせねばなりません。

身の周りは風邪っぴきが沢山いますが、
ウィルスよ近寄るなと、
私も気分は彼岸花でございます。

「狛江の日」音楽祭2017/09/03 11:36

おっとヤバい。
ウカウカしていたら8月は
1本しかBlog書かないで過ぎ去った。

早いですね、もう9月
今年ももうすぐ終わりです・・ギョッ!

さて、来週9月10日(日)です
「狛江の日」音楽祭

長いこと地元で
音楽活動を推進して来ましたが

「音楽祭」

なんて名前、恐ろしくて使えませんでしたが、
行政っていう囲いは大胆ですね。
ポ〜ンと投げ込んで来まして、
春から関係者でジワジワ準備です。

昨年の春の
ラフォルジュルネジャポンプレフェスアコマエ

もうどこで息するのかも判らない
この催しが大層盛りあっがたらしく、
この音楽祭に繋がっております。

とにかく狛江関係者を多く出せ!
との用命で出演者が決まってまいりました。


駅前のエコルマホールで45分の公演を
4回行います。
上記がその内容です。

詳細はWebで見ていただくしましょう。

狛江市役所HPからイベント詳細:
http://www.komae-kankou.jp/event290910.html

将来楽しみなヴァイオリンのお二人、
中堅どころの演奏家、
サポートしてくださるゲストなど、
多彩な顔ぶれで演奏します。

私は黒装であります。
駆けずり回りながらバックスーテージを
見守ります。

また、外の三角広場(北口交番横)
駅前ステージでも演奏があります。

三角地には食事、飲み物もあり、
出張店舗の皆さんが盛り上げながら、
ライブを8時間展開いたします。

たくさんの方においで頂きたいです。

突風の日々2017/08/14 21:03

早いものですね。

梅雨が明けてしまいました。
先月は1本も書いていないなんて、
このブログ始めて10年以上で
初めての怠りではないでしょうか?

あまりに更新しないと、
生存を確かめに電話をくださる方とか
健康を心配してくれる親とか、
様々周りは思うようです。

昨今のSNSサービスに日常を
記す日が多くなりまして、
瞬間芸のような文でそこを終わらせると
このスペースに言葉を残す作業が
大分後回しになるようです。

さて美しい蓮の花!

久しぶりに実家が食事会を催してくれて
全員集いました。
年を召す両親などと思っていたら、
こちらもそんな年齢になっていき、
まもなく全員成人を迎える家族。

不思議ですね。

自分が子供だったにも、
いつの間にか親の年を上回り、
子供がもう大人になっている・・・

そりゃ、年もとりますわ。

この蓮池だって、
30年前は上野で毎日のように見ていたのだけど、
こうしてみてみると実に美しく、
その頃の見方とは大きく変わっています。

世代が変わり年を経て、
何が変わり、何は変われないのか。
そんなことも考える神の宿る花でした。


少し遡りまして、、
まぁ〜久しぶりにのったロマンスカー。
便利な電車ですこと。

地元の仲間と休みが合ったので、
真鶴に出かけてみました。
早朝の電車に乗り、
2時間後には海で泳いでいる便利さ。

神奈川広しですが、
電車の恩恵にあやかっております。

この日の休みが半年ぶりほどの
フリーデイ。

こんなことじゃいけないと思いながらも、
忙しい自分が好きですので、
気を抜かずに邁進なのです。
然し乍ら明日の天気もわからぬ状態から、
少し余裕もできたので、
しっかり毎日やりながら、
周囲を見渡す気持ちでやろうと思ったのです。

暑いです!

と、いいたい梅雨明けですが、
天気も人生も神のみぞ知る由ですね。

お盆休み。
満喫です。

ラガヴーリン622017/06/22 21:59

私の同級生たちのコンサートです!

第7回ラガヴーリン62 箏・三絃コンサート

2017年7月5日(水) 18:30開演

けやきホール(千代田線、小田急線代々木上原徒歩3分)


 Time takes out the Fire 

  but Leaves in the Warmth.>

時は炎を消し去り、しかし暖かさを残す谷間の水車

出演メンバー

菊森美穂 (三絃) Kikumori Miho 

小池典子(箏、柳川三味線、三絃)Koike Noriko

竹澤悦子 (三絃、朗読) Takezawa Etsuko 

田中美香 () Tanaka Mika 

長谷川愛子 (箏、十七絃、三絃) Hasegawa Aiko

村澤かをり (箏、十七絃、三絃) Murasawa Kaori

*ゲスト

長谷川道将(尺八) Hasegawa Dosho

*ナビゲーター

榊原 徹 Sakakibara Tohru

 <プログラム>

谷間の水車 宮城道雄 作曲

梅川 近松門左衛門作 中澤眞佐作曲

名古屋帯 作詞 二世 嵐三右衛門 作曲 山本喜市   改調尾形検校

甦る五つの歌 沢井忠夫作曲

絵本「めっきらもっきらどおんどん」 

長谷川摂子作 ふりやなな画 長谷川愛子作曲

たぬき 作者不詳

私、ナビゲーター・・・。

導けるかどうかわからないのですが、

がんばります!

ご興味ある方は是非わたしに

お問い合わせください。

合掌の宵2017/06/19 08:45

年下の演奏家仲間を亡くしました。

訃報って言うものは
災害と一緒でいつ来るか判らないが、
逃げ場や対処もない訃報っていうのは
心のダメージが大きいですね。

稀有な経緯で演奏家になりながらも
努力しながら演奏位置を得て
立派に活動して居た彼でした。

何年も一緒に演奏したのは
私も彼を指名したし、
責任感ある演奏で毎回応えてくれたから。

でもそれよりアマチュア時代から知っている
人柄と成功して貰いたい期待が
とても大きかったからです。

近所の八幡様に縋りながら
ただただ合掌するしかない宵、
冥福を祈っても祈ってもやりきれない夜

邦楽合奏の旅2017/06/14 00:32

邦楽合奏による学校訪問をしてます。

文化庁の取り組みの一環でありますが、
邦楽の分野で採択されて、
あちこちの学校に参ります。

演目の<羽衣>は最初は1995年!
ロシアでの日露共同制作舞台に溯ります。
この時はオケのための音楽作り。

これを邦楽版にしたのも今や10数年前。

歌手二人を入れながら、
歌と楽器による邦楽音楽劇です。

生徒は歌で参加しながら、
鑑賞と出演をこなしていきます。

わたくしは指揮に加えて、
楽器紹介から生徒のリハーサル、
そして劇中で子供達に問いかける・・・。
*これが難しい出演者のひとりとなるところ

毎回行く体育館は違うのですが、

こ〜んなに広かったりするのです。

じっくり時間をかけてリハーサルと
サウンドチェックも行います。
邦楽器は個体差も大きく、
歌手とのバランスも考えてPAを入れています。
自然の音に近く違和感のないようなレベルで
調整していただいております。

2日間かけて静岡県でした。


生しらす、桜エビ・・・
美味しいものを食べさせていただきました。

泊まったホテルのレトロさも素敵。

まだまだ冬まで公演があります。
1つづつ大切にしたいです。


草野球2017/06/11 21:49

自分で言うのもなんですが、
この歳になっても真面目に野球をやってます。

長嶋選手になりたいと思っていた
少年野球の小学校時代から、
道を外して何十年も経ってから、
また野球に誘ってくれた仲間がいました。

毎夜ウダウダと酒を飲む仲間であり
日本と地元文化を語り合う空間で
限りない無駄な時間を
液体で費やしたと思うのですが、
そんな場所にも身となるものはたくさんあります。

うちのチーム、
私が最年長ですが、分け隔てなく楽しく
皆でしっかり汗流して酒飲んで笑い合う。

コミュニティが濃いので、
グランドの上も楽しいのですが
頑張ると結果はついてきますね。

春季大会で決勝トーナメントに初突破!
レギュラーで出続けれない私でも嬉しいものです。

いやいやフルで毎週やったら死んじゃう、、。

ウォームアップしてキャッチボールして
走ってボール追いかけて 、、、
声枯らして応援して、
グルグル腕回して進塁を喜んで 、。
出なくてもやる事楽しい事はいっぱい。

この写真、いいでしょ。
試合前の背中。

相手は強豪だけど、やる気満々のみんな。
今日は決勝トーナメント進出きまって、
心底嬉しいのです。

負けないぞ、 僕も。

演奏会終演2017/05/27 23:11

楽しく準備をさせていただいたオケが
終演いたしました。

アマチュアの皆さんは笑顔で演奏して
実に楽しそうでした。
演奏している方の顔を見ながら振りますが
遠くのプルトの方でも目が合うのは良いものです。

私は数年に一度振らせていただくのですが、
その笑顔を見るのが毎回楽しいものです。

プロ音楽家とは違い、他の仕事がありながら
週末になると楽器を抱えて参加する彼らは
クラシック愛好家の中でも相当の演奏好き。
ウンチクが好きなクラシック愛聴家も多い中、
音を出す難しさと音楽になる喜びを
体感する彼らは体育会系愛好家ですし、
頼もしく羨ましいものです。

また一緒にやれる機会があれば
とても嬉しいですし、
いつまでも元気でやっていただきたいと思う次第。

本当にありがとう。

たくさん来てくれた知人友人、
また久しぶりに会うOB諸氏にも
お礼をしたいと思います。
カウンター