明治大学OB交響楽団2017/05/07 10:59

昨年の秋の公演でも振らして頂いた
明治大学OB交響楽団の定期演奏会。
今回は3月から練習で振らせていただき、
間も無く公演なので私からも告知です。

私自身はあまり好みや趣向を言わないのですが、
身体に沁みているジャンルがあるので、
あまりフランスものなどを
オーダーする方々はいないのですが、
たまにこういうプログラムがあると、
自分自身が新鮮でもあり、
色々と音楽から学ぶものも大いにあるのですね。

オペラ自体は上演されなくとも
序曲の演奏機会が多いものがあるものです。
演奏回数が増えるのと反比例で
本編は舞台からは疎遠になるものが多く、
序曲タイトルは本編タイトルなのに、
誰も物語を知らないという現象ですね。

同様に劇中のバレエ曲は頗る有名で、
本編内容はやはり知らないという作品も然り。

歌劇<イーゴル公>などですか。
<ダッタン人の踊り>と言えば
知らぬものはないのに・・・。
*蛇足ですが、このダッタン人=韃靼人も、
当時(13~15c)はモンゴル系のこの方々ではなく、
トルコ系のポーロヴィッツ人が正しいのです。

ボロディンは、作曲も未完で、
その後にリムスキー=コルサコフとボロディンが
補作しながら完成させたので、
もう本編が何であるかは関係がなく、
でも<ダッタン人の踊り>は欠かせない
オーケストラ界の名曲であるわけです。

オペレッタに至っては
スッペは70以上の作品を残して
オペレッタ王と言わんばかりの空前絶後ですが、
<軽騎兵>など名序曲は実に多い。
軽騎兵!見てみた〜い!と思いますが、
まず上演はされないでしょうね・・・残念。

これは19世紀後半では、
オペレッタ作品がどんどん作られ、
政治から恋愛のゴシップまでドラマ化され、
まるで週刊誌の発刊のように
大衆を楽しませた時代でもあるからです。

序曲作るのって楽しそうだが実は面倒。

様々なアリアから旋律を引っ張り、
構成から転調まで工夫しながら、
本編を待ちわびるお客さんをワクワクさせる
予告編というべきものです。
ですので、
流行りも早いが廃りも来る
御時世オペレッタでは、
集客が悪いと直ぐに上演されなくなる。
時間をかけて作った序曲も
日の目を見なくなることが多いのです。

そういう意味では、
現代でも残っている序曲はソコソコの上演がされ
気合い入れて作曲した序曲とも言えますが、
はやり名序曲とされる頃には、
本編は廃れてしまっているのでしょうね。

話が長い・・・

OB交響楽団絶賛練習中です。
バレエ曲<サムソンとデリラ>興味ないですか?
寒村でもダリアでもないこのお話、
知りたくないですか?

いやい演奏はやバレエだけですが。

調布ですが、
是非いらしてください。

詳しくは明治大学OB故郷楽団HP:
https://meijioboke.jimdo.com

毎GW2017/05/05 23:42


もう30年も変わらないGWの過ごし方。
こうなると一生こうであれと思います・・・

すっごい秘境に行ったような写真ですが、
毎年より残雪が多く、
目の前の湖も凍ったままの水面。
4月上旬の低気温と悪天候からでしょう。

でも今回は晴天。
以前の宿はさらに数百メートル登ったので
天候不順に見舞われることも多かったのですが、
この高さなら夕方の悪天候も少なく
しかも昼間が数度は暖かい。

そう、オケ合宿。

健康で若々しい彼らとの戯れ
(真面目に練習はしておりますが・・・)
は不老のための大事な時間でもあり、
真面目に楽器を演奏する貴重な時間でもあるのです。

で、猿。

多いのですよ猿が。

山の餌の無さから
里に下りてくる野生動物の報告が
後を絶ちませんが、
この方々はそういう理由でもなく、
日常なのかな、この辺りにいるのが。

もはやたま〜に行く我々がよそ者であり、
子供をおぶった親猿などでも、
人間と目があって逃げるわけでもなく、
しかし攻撃的でもないという友好的態度。
でも放っておくとホテルの部屋に入って、
胡座をかいてポテチなど喰いながら、
テレビを眺めて笑っているらしいので、
要注意の張り紙もまた多いのです。

優秀な大学生ばかりで、
トレーナーとして面倒なこともなく、
こちらが遊んで貰っている気もします。
毎年の新入生は気がかりで、
こればかりは団の存続に関係するので、
合宿は楽しみ半分で心配もソコソコ。

でもこ〜んなアホな事を平気でやってくれる
元気で期待度大の彼らで頼もしいです。


杯を交わしながら話し込みます。
部屋に朝日が差しクラクラと目の前が揺れるまで。


藤の奇異2017/04/28 23:21

いつのまにか4月も下旬です。
ソメイヨシノも八重桜も終わり、
そろそろ街路のツツジの季節ですね。

数日前、
とある町の路地に入ったら、
美しい藤が腰高に咲いていたのです。

なんて美しいと思いながらよく見ると、
アパートの外廊下のフェンス伝いに
藤が垂れています。

それをよく見ると・・・

こんな風に、
フェンスに添って蔓が伸びています。
元を辿って探してみると、


判ります?
直径30センチほどのプラスティックの
鉢から生えているのです。

鉢!??とびっくりしましたが、
多分今では底を抜いて地中に根を張って
いると思われます。
(次回確認)

でもっと凄いのは、
この蔓を先の方に辿っていくと、
こんな風になっているわけです。

判ります(2回目)?
蔓がフェンスの上部の筒状の中に入って
その中を伸びているのです。

例えば少しカーブしたつなぎ目では

こんなことになってしまっています。
これは果たして藤の蔓が選んだのが、
人間がそう仕向けたのかナゾです。

こうやって真横に伸びて、
フェンスの中を通りながら、15メートルでしょうか。
先頭はもうフェンスが無く、
蔓はだらりと垂れ下がりながらも、
次に絡みつく獲物を探しているようでした。

藤の花って
こんなに美しいのだけど、
こんな姿は1ヶ月ばかり。
あとは延々と蔓の生態を眺める樹木と思うと、
少しオカルトなモノを見つけてしまったようです。

目が離せない・・・


ハナニラ2017/04/15 23:37

気がついたら春でして。

花粉症を恨みながら更新も滞り、
しかしながら桜も終わりかけ。

ハナニラでも載せましょう。

これは家の庭のハナニラ。
1950年代の古いレンズで
マニュアルにて撮影しました。
1週間ほど前かな。

そしてこちら。

実家の庭です。
咲き乱れていますね。
ニラですが、これは食べられないニラ種。
食べられたら面白いでしょうが、
無理のようです。

うかつに食べると死んでしまう
ニラのように見えて
スイセンなんて食べると毒にあたります。
食中毒起こすらしい・・・

ま、怖い話は良しとして。

奇跡的RIMOWAとの再会2017/04/14 23:07

誰もが認めてくれる
RIMOWA狂です。

どんな風にといえば・・・

こんな感じですが、
実はこれはほんの一部で、、
多分現在はこの3倍ほど数があります。

そんなRIMOWAの説明は割愛しますので
日本の総輸入代理店の林五さんのHPを
ご覧ください。
http://www.hayashigo.co.jp/rimowa/

数多くあるのは意味がありまして、
用途がそれぞれ違うのです。

毎日使い、書類用、旅行用・・
それぞれ行き先で内容量に違いがあり、
大から小様々あるのです。
且つ、RIMOWAの良いところは、
専門軽く密閉された容器ですので、
カメラや精密機械用など様々・・
もちろん特大大中小極小と
数は増えたわけです。

そうはいっても便利な箱はあるもので
使用頻度が高くなるものは決まっています。

そんな私がRIMOWAに最初に出会ったのは
ドイツに住んでいる頃。
もう27年も前になりますか・・(遠目)
そこで出会った箱が、カメラ用でしたが、
あまりに使いやすく便利で、
日本に帰って来てもずっと使っていたのです。

↑の写真では上から3番目です。

しかしながら、このRIMOWAは
大事にしながらも20年前に
自分で車で挽いてしまいました・・・。
四駆に乗っていたので、乗り上げて、
とんでもない凹み方をしました。

なにせ気に入っていたので放すのは悔しく、
屋上で3時間叩き続けてなんとか直して、
その後もず〜っと使った。

でも車の重さの衝撃はひどく、
精密に蓋が閉まることもなく、
鍵に至っては正常に閉まらなくなった。

でも気に入ってずっと使っていたのです。

この気に入っていた↑から3番目。
実は特殊なサイズで、売っていない。
当時はあったのでしょうが、
その後は一切見なくなったサイズで、
購入が不可能となってしまったのです。

そして、Yahooオークション。

このトランクと同じものが出品されるのを
ず〜〜〜〜〜っと待っていました。
20年間毎日、オークションサイトを見つめ、
なんとか出品を待ったのです。

でもない・・
出品が一切ないのです。
昨今のRIMOWAブームでもなかった。

で、ついに見つけた!!
そして落札!!!!

なんて嬉しかったことか。
20年間探しながら、
気持ちを紛らわすために(明らかな言い訳)
他のサイズも増えて、
ジュラルミン御殿のような部屋でも、
やはり欲しいのはこの一点でした。

さて紹介。
開いてみると同サイズが判ります。
内装は取り外し可能なので、
基本的なサイズは一緒!

↑から見ても一緒が判りますが、
古い手前のは修理の後が有り有り。

左は歪んでいますが、
3時間でよくここまで戻したと思っています。

ほら、ジュラルミンが切れていますね。
挽いた時に切れてしまった場所も
なんとか叩いて叩いてここまで戻ったのです。

これでもわかり易いかな?
手前ジュラルミンが切れていますね。

・・・もういい?しつこい?
もう少しです。

そしてよく見ると鍵が違うのです。

この右側ももちろん中古ですが、
しかしながら、ほぼ新品!
すこし時代が違いますが、
右のはどうやら鍵の形状から
数年後にできた改良型ですね。

しかし奇跡です。
20年探し続けて、もう出ることはないと諦め、
涙を流しサイトをスクロールする毎日でした。

ジュラルミンの話題なんて、
もうすることないと思いましたが、
本当に嬉しかった出物です。
大事にドンドン使っていきます。
もちろん古いのも大事にしていきます。

長い話題だ・・・
大変しつれいしました。



野球と花粉2017/03/25 23:48

このところ、
週末に少し時間ができて、
野球をやる機会がもてます。

音楽関係者は土日が仕事が多く、
草野球の土日と重なることも多いのです。
でもダメダメな私を置いてけぼりにせず
置いてくださるチームに感謝しております。

野球は外でやるもので、、
辛いのは花粉。

なにせ春といえば=辛い
春と書いて黄色い字の花粉と読めるし、
春と聞くとクシャミが出ます。

いやいやそんなことは言っていられ無い。
日常を変えずに
花粉と戦うのが私のスタイル。

負けずに頑張ります。

お彼岸の務め2017/03/20 21:17

お彼岸の中日に御墓参りができるのは
なんだが気持ちがスッキリなのです。
上野駅から徒歩圏内の代々のお墓。
子供の頃より慣れた道のりですが、
春のお彼岸の頃はこのモクレンが美しく
見上げながら、
年々大きく、、いや巨大化する鯉と共に
愛でるのが楽しみなのです。


大事ですね御先祖様は。
近いお陰で何かにつけて一人でも
参りますが、手を合わせて心が晴れます。


そびえ建つスカイツリーを見上げて、
近所のあるお墓を探索。
ウチのお墓から徒歩1分のお寺も廻ります。

伊能忠敬のお墓。
由緒正しいお寺ですね。
このお墓で200年は前なのですから、
立派なものです。

地図好きな私としては
尊敬できる彼の功績に手を合わせます。
源空時と言いますが、お寺がまず立派。
https://ja.wikipedia.org/wiki/源空寺_(台東区)
歴史が載っています。

さてせっかくなので実家に寄り、
庭の梅を愛でまして両親に報告。

たわいも無いのが良いところ。
お彼岸とは日常の我々ではなく、
向こうの方々が主役ですね。

良い日です。
花粉さえないなら・・・
痒っ!

1989年の家2017/03/19 21:00

もう28年も前になるという事を
新ためて感じるわけですが、
1989年にBerlinに住み始めたときに
住んでいた家の入り口・・・

Berlinに行かれた方が、
このOtto-Suhr Alleeの
私の住所139番を覚えていて
写真を撮ってくださった。

ありがたい奇特な方ですが、
予想通り、変わっていない。

でもよく見ると・・・

入り口のとは古かったエンジ色の木だったが
どうやらアルミに変わっています。
また一階はSiemenns を中心にした
電気屋でしたが、
なんだかSport Barになっています。

反対側はImbis。
軽食屋というか、ファストフードですが、
これは変わっていない。

あの頃はインターネットもメールも
何もない時代でしたので、
1つの事調べるのにエライ大変でした。
バブルの日本から来る有象無象・・・
(失礼だが当たっている)のお客さんのために
バスガイドやっていた私は、
全ての場所の歴史など調べて行ったのですが、
マイナーな場所など調べ用もなかった。

でも今はすごいですね・・・

因みにこの通りOtto-Suhr Allee
の事をググって見ました。
https://de.wikipedia.org/wiki/Otto-Suhr-Allee
凄いねWikipedia。

Schloss Charlottenburg の斜め前に
建物がありました。
素晴らしい立地と景観、
今でも貸してくれた友人に深く感謝。
そんな歴史も全て載っていました。

そうなんだ、今年はこの通りができて
60周年なのか!!
思いもかけず嬉しい気持ちになりました。

なんでも知ると、
嬉しいものですねぇ、

学生時の録音2017/03/13 22:47

その昔は録音する事自体が
一大イベントでしたし、
録音したものも大変大切なものでした。

今では簡単に録音をしてしまえるし、
録音器どころか、
携帯電話についているオプションのような
無料アプリで録音しても、
イベントの頃からは考えられない音色で
手軽に記録を残せますね。

私が大学生の時もまだそうでした。
聴くだけのウォークマンから、
ようやく良い音を録音する事が可能な
ポータブルが出てきました。

カセットテープの話ですよ・・・

そして一方では、
高音質で録音可能な高級機もあり、
オーディオファンは、
カセットデッキのマシン性能と、
選択するテープのランクで、
音質の違いに一喜一憂したものです。

でもあれですね・・・

その頃は再生の綺麗な音というより、
音楽が貴重で残したいという思いから、
聴くという事に集中した時代でもありますね。

そんな学生時代の録音の話です。

芸大時のトロンボーンアンサンブルの
演奏会の録音ですが、
練習を積んで学外で演奏会を催した時の
貴重でありまた反省もたくさん聞かれる
代物でもあるわけです。

この時は私は2年生でしたが、
今は亡き芸大の先生に新曲を依頼して、
演奏会で初演するという素晴らしい機会を得て
今では信じがたい事を進めていたのです。

そして今回、その録音をまとめて、
先生の作品集としてデジタル化を
考えている方がいらっしゃいます。

邦人作曲はたくさんおりますが、
初演されても再演の機会がなく、
埋もれてしまう作品もたくさんあり、
また亡くなってしまうと、
その作品の依頼経緯や譜面自体も紛失という
憂き目を見る事さえもあるのです。

そのような状態から掘り起こして、
録り直したりもう一度マスタリングしたりと
手間をかけながら貴重な作品を音で残しているのです。

私は今回のことで最近知り合いましたが、
当時の芸大の録音をすぐに送ってくれたのです。

32年も前の事でありながら、
作品と演奏に価値を感じてくれる方がいるのが
とても嬉しい事です。
演奏家では面倒でできない事を
許諾をとりながらやる事はたいへん。

ありがたい事ですし、
そのプロジェクトが進むように、
私も協力を惜しまない約束をしました。

で、聴いたのです・・・

演奏力が若くて若くて、
今の若者たちの実力に比べると、
確かに赤面の演奏でもあります。
しかしながら、
当時の自分の事も音で思い出し、
憧れたり参考にしたりした諸先輩の音、
また芸大ならではのコミュニティも
その15分には十分詰まっていました。

この録音が世にでるのはまだ先でしょうが、
きっと懐かしく楽しまれる方も多いとおもいます。

花粉まみれ2017/03/12 23:53

毎年この時期に同じ話題で申し訳ない・・・
ですが、花粉です。

花粉の話を通り超えて
日常を語れない時期なので
やはり花粉症の話を避けては通れないですね。

春は待ち遠しく、
ポカポカ陽気に心もウキウキ

となるのが普通でしょうが、
私の場合には

ポカポカ=黄色の風
ウキウキ=充血の目

であるわけです。

毎日の花粉飛散情報には眉間に皺も寄り
アイボン(目を洗う洗浄液)消費量が
普段の10倍以上になります。

致し方ない20数年の花粉症候群ですが、
花粉が日常なら、
こちらも決して日常を変えることなく
対抗意識をもっているのが
撃退の精神的なコツでもあるのです。

さて、野球。

最近は土日の草野球のわがチームにも、
なかなか合流できる日が少なく、
毎回素人さが露呈してしまう散々な結果ですが、
やはり楽しいのです。

業界とはまったく違う
街の仲間、夜の仲間、深夜の同志・・・

この不可解で不埒な仲間が
お天道様の下で汗をかき、
白球を追い回すのが素敵なのです。

・・・とはいえ、好調なチームとは裏腹に
個人的には今日もトホホな内容でした。

やはりバッティングセンターにも通い
ストラックアウトで肩も鍛えないといけない

春は花粉もいやですが、
課題もまた多いのです。
カウンター