こうもり終演しました2018/10/06 08:48

お陰様で4〜5日の2日間の
横浜シティオペラ オペレッタ<こうもり>
終演いたしました。

神奈川県民の小ホール
アイゼンシュタインの家庭も、
オルロフスキーの邸宅にも
素敵なパイプオルガンがあるような
見事な舞台背景ですが、
オペレッタとは時代や環境に縁もない、
というより精神は対極にあるような
美しく神々しいオルガンが、
この舞台美術を見守ってくださっていますね。

豪華絢爛に設えられた舞台装置に慣れた
西洋式大劇場を良しとする方には、
物足りないのかもしれませんが、
本来日本人は派手に飾るより引き算で
質を素朴に表す民族ですので、
この徹底排除したこの舞台は
私はとても居心地が良かった。

もちろん稽古初めから
そのような舞台演出になることは
わかっていましたし、
演出に加えて予算や時間など、
様々な制限からこうなったわけですが、
私は大歓迎でした。

芝居は様々な要因に助けられます。
小道具、衣裳、ヘアメイク然りです。
服を着て化粧することは
私生活の個人から役に徹するには、
必要な最小限の装備と武器かもしれません。
ハロウィーンなどがそうであるように、
仮装した人の目の前の光景は
渋谷のセンター街でもイベントホールの
大展示場でもないのですね。
見せているのは扮したキャラクターが存在する
仮想の世界であるわけです。

衣裳を身に纏い一歩舞台に出た時から、
役は実在の個人から脱皮して、
芝居の一役として変身するわけですね。
それで必要にして十分。
あとは舞台美術も街の背景も、
ましてや時間や季節までも
存在するのはお客様の頭の中。
そこを表現するのが舞台人の絶対であり、
そしてそれこそ難儀な芸の積み重ねです。

落語が好きで昔から時間を見つけては
寄席に足しげく通いますが、
噺家ほどこの芸に卓越した方はないと思うのです。

「扇子と手拭い」

2つだけです。
私が好きなのは地味な色合いの着物で
少し血色が悪いくらいの噺家。
話し出して引き込まれると、
途端に江戸の街を歩く彼を追っかけ、
蕎麦を啜り、酒を飲む彼の前に居て、
頷きながら話に耳を傾けます。

華飾も装飾もなく、質素であればあるほど
本質のみで勝負する本来の演目を楽しめる
世界があるものですので、

今回の私のテーマは原点回帰なのでした。

7月の終わりから
稽古にたくさん通わせて頂きました。
当たり前ですが指揮者は最初から
準備を終えて整えておくので、
春から様々過去の資料から譜面を見直したり、
ハプスブルクの時代を読み返したり、
シュトラウス一家を何度も訪問するほど
Ⅱ世のお父さんや息子の素性まで
戸籍を調べてみたり・・・

自分自信が「こうもり博士」かと思うほど
この作品の周辺を調べた事がなんどもあり、
そして悲しい事には次第に忘却の彼方なので、
今回も紐解きながら準備するのは楽しかった。

オーケストラであるのが本来ですが、
ピアノを聴きながらオケの音を想像し、
オーボエの嘆きの旋律や、グランカッサの
地を揺らす低音を思い起こすのは愉悦です。
こうもりをよく知るお客様はきっとそうして
こうもりの世界を再現したくださったと
信じておりますし、
これも質素として私の担当使命でもありました。

終演した事に反省や後悔もしないので、
聴き返すこともほぼしないのですが、
多少のハプニングや予想外のビックリも
オペレッタの常と思っています。
噂話、文春やフライデーの代わりに
創作されたのがオペレッタが担った役目でもあり、
混沌とした可笑しさは本番でさえも大切。

本質は人間の心理を見せること。

これを読み取るために他の9割の部分は
演出していると思うのがオペレッタ。
歌から芝居から、そして所作からも、
心理が見えていれば最高に傑作なのが
オペレッタの楽しさです。

質素な舞台でも必ず必要なスタッフが
舞台芸術にはたくさんいます。
子供に服を着せて学校に送り出す親の様に
舞台に歌手を送り出してくださる彼らは、
時に厳しくしかし何時もやさしく
お客様に対する敬意、舞台に対する拘りは
出演者、演奏者より何倍も強いのものです。

そんな全ての関係者に感謝をしています。
下支えをしてくださったスタッフに
改めて感謝をしております。
ありがとうございました。

A組終演3分後
いいですね!
舞台でもこんな楽しい顔はできない。
達成感と多少の悔しさ、しかし安堵の表情。

B組終演3分後
主要キャストを2組に分けての公演、
後から出る組はそれはそれで大変
でもやはり充実した朗らかな表情。

本番ピアニスト服部さんと
ソプラノで理事長の柳澤さん

自分の日常から脱皮して毎日過ごしていたので
終演翌日にはヘロヘロでしたが、
筋肉痛の様に心地良いものでもあります。
オペレッタの難しさと自分の未熟さも感じ、
それでも舞台が好きな事も認識いたしました。

最後になりますが、最も身近であった
ピアニストに副指揮の音楽スタッフ、
そして稽古から終演まであらゆるフォローを
恙無く真摯に行ってくださった制作方に
心より感謝申し上げます。









天災の祭典2018/09/30 21:50

今日も台風に怯える日になりました。
この時間、すでに電車も止まっております。

最近は天下のJRも、
「絶対動かす」なんてプライドよりも、
諦めを促し「早く帰れ」のコールは、
クレームを避けてのことなのか・・・。
しかしながら
「経験をしたことのないような・・・」
というフレーズが大変多く、
今回も暴風に関してこう言われます。

天気予報は当たらない、
なんて気象庁を侮っていたのは過去のことで、
正解確率は益々高くなり、各種イベントなども
天気予報で事前未然に対策を講じる次第。

今回の台風も近畿圏では
本日が目の当たりとして早々と予報し、
野外のイベントどころか、
ホールの屋内演奏会もお客様を考えて、
中止や延期をする団体を目にします。
難しいですねこの判断は。

予測不能な地震などの事後では、
流石に開催できないものもたくさんありますが、
防ぐために守るために事前に処理判断は
もっと難しいとも思います。

明日の公演のリハがあり、
どうやら多少の雨風はあったものの、
大きな憂き目にあわずに、
明日も台風をやり過ごしたあとに公演が
開催できる見通しです。
他地域を見ると喜んではいられないですが、
台風の進路によってはこういう幸運もあります。

しかしながらどの地域においても、
被害が最小限であることを祈るばかりですね。

写真はリユーアルのホール客席。
健在の真新しい臭いを嗅ぎながら、
これから愛される劇場にニヤリと微笑みたくなる
劇場大好きな私です。

紙譜面の未来2018/09/29 21:34

デジタルのソフトで譜面を作るのは
もうすでに25年以上前から行われており、
私がMacを使用し始めたのも
譜面をパソコンで作りたかったからである。
ただ今ではプロユーズ、いやアマチュアでも
使用する鉄板ソフトだったが、
当時はまだ日本語のマニュアルがなく、
膨大な英語マニュアルを横目に、
想像で譜面を打っていた時代です。

とは言っても、パスコン性能が追いつかず、
3時間かけて作った16小節の楽譜
(決して私の能力が低いのではなく、
処理が遅いので進まないのでした)を、
ストレスでdelete キーを2回叩いただけで、
一瞬に失ったものでした。

そんな思い出話は止しまして、、、

「グイド」と読みます。
開くと片面A4サイズの譜面になります。
ようやく見る事が出来ました。


わかりますかねぇ。
この方が見ている譜面が開いた形です。
紙の様ですが、電子譜面です。
バッテリー駆動で映されています。

この手のものは、例えばipadなので、
使っている方も多く、
かく言う私もたくさん利用しております。
だがこのGVIDOは譜面に特化した製品で
表面はガラスではなくプラスチック。

ですので多少乱暴に扱っても
万が一落としても壊れないシロモノです。
グニャっと曲がるものなのです。
大変素晴らしい商品で1年前に発売開始。

操作は手でタッチか、ペダル。

このT字方のステップを踏むと、
めくりが右と左に進みます。
デモを見せてもらいましたが、
じつにスムーズだし、
電子ペンによる書き込みも悪くない。

メモリーで1000曲記憶できるそうで、
さらにSDカード、またダウンロードにより
使用法も広がります。

すごい時代ですが、
私が30年前に描いていた
脱紙譜面の時代がすぐそこまで来ています。
予想ではあと10年以内にこの製品が半額になるほど
普及してくるね。
そうなると一気に加速して変わるでしょう。
クラシックの譜面はサイズが大きいのですが、
そんな問題もサイズを選べリャ問題ないし、
応援していきたいですね。

グイドのHpです。
https://www.gvido.tokyo/ja/




トークライブ2018/09/20 01:17

トークライブ!
ゲストに呼んでいただきました。

面白いセッションでした。
あまり細かいことはいいのですが、
同じ釜の飯を食いながら過ごした
ある種の修行時代を振り返り
時代の検証と未来を語ったのです。

ホストの一回り若い彼が、
私との時間を思い出し
様々な共有した事項を
今の時代の鏡に映しながら
様々な話をして行きました。

久しぶりに本気で考えてみたが
思い出せないことと、
思い出したら笑えてくること。
影響されて思い出す可笑しなことに
触発されて思い出す苦い思い出。
それもまた楽しく素晴らしかった。

私が何とも嬉しかったのは、
若かった彼が私と一緒に飲んだ酒を覚えて
そしてその時々のたわいもない会話を覚えてくれて
それを再現するかのように呑む。

酒なんて、、、と思いながら
それが共通点になっている楽しさ。

イベント後に打ち上げ。
真面目に話して楽しく食べる。
美味しく飲んでエールを送る。

美味しく優しい野菜を肴に
そんな夜更けなのでした。

紀伊半島2018/09/11 11:52

文化庁の音楽を届ける公演で
紀伊半島に来ております。

名古屋から南下しながら
三重を経て和歌山に
あまりに電車に疲れて
現地で自転車を借りながら
メンバーと街のパトロール

公演で地方に行くと
楽しみは土地の産物。
海も山もあるこの場所は素晴らしく
公演後の胃を楽しませてくれます。

3日間公演をして帰京です。

審査員2018/09/10 08:16

とあるコンクールで審査員をさせて頂きました。
光栄なことです。

小学生から高校生という
未来ある若者ばかりのコンクールですが
実力は非常にある方ばかり。

様々な楽器がありますが
一様に、音楽をすること
表現をすることができるかどうか。

子供達のレベルの高さを感じるばかりか
背筋が伸びたのでした。

天変地異2018/09/07 09:15

大きな地震に見舞われました。
北海道では2日目の朝の今日も
まだまだ日常のライフラインさえままならないです。

まず知り合い、音楽家仲間、
音楽団体の安否が気になり、
しかしながら無闇に連絡しては、
混乱に輪をかけるので、
情報をじっと待ったり方々を気にしたりと、
リハもゲネも皆無の天災に対して、
我々の無力さは毎度思い知らされますね。

それでも毎日を生きる。
見舞われても降りかかられても、
困難を振り払って前に進む。
天災の前には無力でも、
その後の人間は知恵と勇気をもって
闘う事ができると確信もします。

関東だって今起こってもおかしくない。
そのときどうしているか、
その瞬間に全てを冷静に行動できるか、
物質よりも精神的な準備を持つことが、
個々の資質として問われていますね。
恐れてもいけませんが、
瞬時にスイッチして今を見つめる事を
考えていかねばならない現代と思います。

被災している地域、被害にあっている方々
悔やみきれない憤りもありますが、
一足でも前に進める日が来てほしいものです。

自転車の盗難2018/08/28 11:19

もう20年間も愛用していて、
その間に何度バラして組立てて、
パーツを変えて来たかわからぬ愛車。

自転車は何台もありますが、
この遊び自転車には愛着も深いのです。

で、盗難にあいました・・・

先日の世の中がお盆だった数日間。
私は車2日間出かけていて、
その間だったと思います。

普段は車の陰であまり見えない愛車ですが、
車がないと露わになります。
そこできっと目立ったのでしょう。

ある日忽然と無くなったので、
どうしたものかと思っていたのですが、
20年も乗ったから仕方がないかと、
届出の大義と取り返しの術に落胆していましたら・・・

本日友人からのLINE

餃子の◯◯前のファミマに
スペシャライズドが放置してありますね。

ん?
わたしのじゃ〜〜〜ぃ!!!

すぐに車ででて回収です。
あと1日で撤去されるシールまで貼られて
本当に瀬戸際で手元に戻った。

しかしながら、
この目立つ自転車は、
市内では私のである事が有名なので、
盗んでも長時間や何度も乗れないのは明白。
きっとどこかにあるだろうとうは思っていましたが、
まさかのお知らせでした。
持つべき者は友。

壊れてもいないし、
帰って簡単メンテして、
しっかり施錠して、
なにも無かったかのように鎮座です。

それにしても、盗んだ者は
家から盗み、駅近くで乗り捨て。

という事は近所の輩の仕業か?
そんな大胆な事は普通ないな。
出来心の一元さんである事を願いながら、
施錠が甘かった私も反省。
読んでいる方でしたら、
「許すから、もうしないでね
私の自転車有名だから、捕まっちゃうよ」
と言っておこう。

それにしても
自転車がないって困るというか、
生活のペース狂うものです。

ホッとしました。

こうもり公演2018/08/16 12:11

気がつけば放置放置・・・

それでも時々リアルに会った方が、
「野球から更新していませんね?」
と、生存確認を面と向かってしながら、
おっしゃってくださるのでありがたいものです。

こうもり 振ります。

しかし困ったタイトルですね「こうもり」って。
一般的には唐突で内容はわかりません。

さしずめ、
どっち付かずで有名な都合の良い奴が、
西軍にも東軍にもいい顔して、
立場を利用しながら女性までも騙して、
仕舞いには問い詰め追い込められ逃亡、
崖の上からコウモリの如く跳び、
成れの果て自害する17世紀原作・・・

みたいに想像する方多いと思うのです。
いや、オペラだと人の名前が多いので、
主役のヒーローの名前が「コウモリ」、
これも間違え得る。

でもこれはオペレッタ。
おぉ笑いの復讐劇。
仮装パーティーでコウモリに扮装した男が
大恥をかかされたので、
その友人にドッキリ
(最近はモニタリングか)を仕掛けて
お返しするというものです。

1874年の作品ですが、
オペレッタはやはり「こうもり」なんですね。
実によくできているからこそ、
まもなく150年になりますが、
色褪せずに世界中で上演されています。

横浜シティオペラの皆さんと一緒に、
悦楽のオペレッタをお見せしたいと思います。
絶賛稽古中でもあります。
私は長年こうもり漬けでもありますが、
ちょっと心機一転でやってみようかと思う次第です。

またお知らせいたしますが、
是非観たい!という方、
私までご一報くだされたし。

2018年10月4日,5日
神奈川オペラフェスティバル
オペレッタ《こうもり》 公演
指揮 榊原徹
演出 中村敬一
演奏 服部容子

横浜シティオペラ主催










休日の過ごし方後、検診2018/05/21 23:42

土日が仕事なのは昔からですが、
週末に仲間と楽しんでいることが、
なお一層できなくなるのは悲しいのです。

やっぱり、いいなぁ。
青空の下の野球は!
特に今日は風が心地よく冷たく、
空は真っ青で白球が映えます。

河川敷なので緑と青に砂埃・・・
言うことない諦めです。

試合はオッシー状態で、
若者チーム相手に公式戦は華々しく
散ったのでした・・・。
でも予選突破ですので大したもの。
わたしは久しぶりすぎて自粛ですが、
キャッチボールをしっかり、
あとは応援にみなのサポート。
でも代走で走った。
走れることがわかり涙ぐむ。

美味いビールを飲むのは
よくある試合後の仲間との光景ですが、
この日は家族で・・・。
世田谷ライフ??
いや、その隣奥の噂の街で、です。

美味いのよ。
よくある、カフェランチ的な洒落乙ですが、
しっかりでしていて、この街に
似合わないほどのお気取り盛況でした。

で、飽き足らずに、一人になって、
街のパトロールです。
悪いことが起きていないか、
飲み屋の店主が元気かどうか、
昼の3次過ぎから確かめに行きます。

っていうのも、、
あしたが、、、
だから、早くに呑まないと。
という焦りからの泥酔。

飲んでいるばかりじゃないのです。

家に帰って使命感に燃えて、
10年間できなかった、
アルミ手すりの掃除を敢行。
きったなかった手すりは、
亀の子たわしにて、新品のように
生まれ変わったのでした。

アルミってやっぱり偉い。
どんなに汚れても、
10年以上雨ざらしが続いても、
綺麗にするときっちり応えてくれます。
劣化しない金属!

調子に乗り玄関のテラコッタも
めちゃめちゃこすったのです。

スッキリなのも、
天気のおかげ。
陽も長くなり、夏ですね。

そして、、、朝。

ふ〜〜。
行ってくるよ健康診断。
というげっそりした顔です。

いや前日は早くに泥酔でしたし、
その後は食べていないけど、
不健康診断はどんな数値がでるの?

γ-GTP、頼むよ、僕の肝臓!!
って顔だね。



カウンター