誕生日御礼2020/05/24 23:33

お祝いのメッセージを下さった皆様

心から御礼を申し上げます。

本日24日に誕生日を迎えて57歳になりました。ー


もう30 代のことも、もしや40

の頃の心境も

忘れかけて居る気がします。

10年前の2010年と考えてもソラでは何も出てこず、

人生に記憶などそんなものかと思う次第です。

お世話になった方が7年前60歳になった時、

私は50になったばかりだった訳ですが、

その方が染み染みと早いもんだよ50代の10年なんて、、、

と半ばボヤくが如く呟いておられましたが、

実感しかしない今日でもあります。


また1年頑張って生きて参ります。


さて色々な本を読み、

先人たちに影響をされながらここまで来ました。

音楽、芸能、娯楽、

様々な形で興味を形にした方と言いますかか。


例えば、、宝塚歌劇団創始の小林一三氏

1873-1957

生き方も思い入れも拘りもそして実行力も、

知れば知るほど影響を受ける方です。


益田太郎冠者 こと益田太郎氏(1875-1953

帝国劇場創立に寄与し日本にオペラを根付かせる為

凌いで凌いで、大正期の浅草オペラでは

戯作者でありプロデューサーでもあり、、、


徳川頼貞公(1892-1954 

紀州徳川の末裔であり、

大正から昭和にかけて音楽の殿様と呼ばれた

1913-2年間をヨーロッパ英国に住み、

あらゆる資料と人間関係を構築し日本に持ってきた、、、


そして、秦豊吉氏(1892-1956

この方の人生はなんと言っていいのか、

豪快で破天荒インテリジェンスと俗物も魂が同居、

ベルリンでの長い生活もその後の日本での活躍も。

会社員として働きながらも

ドイツ語翻訳などに精を出し

学者としても記録に残しながら、

額縁ショウーを創始した人物として、

とことんエンタメの世界をも追いかける、、。


秦豊吉というより丸木砂土と言うペンネームは

アングラ今で言うサブカルの世界では有名人ですが

俗に堕としながらも退廃的な見せ方の根元にある

人間の魂の欲求に率直です。


こんな方になりたいと改めて思う今日この頃です。

彼を描いた本を紹介しておきます。


今年も話の長い奴になりそうです、、。

この時期は紫陽花の風呂敷を持ったりして、

誂えた阿波しじらでチョイと用事に出ました。


皆さんの健康、地球に平和を強く祈ります。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hanatsubaki.asablo.jp/blog/2020/05/24/9250270/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

カウンター