ハンス・アイスラー2020/05/04 20:44

ゴールデンウィークになればと思って、様々なレジャーを考えていた方々もいらっしゃると思いますが、今年ばかりは、とことん内面的なゴールデンに徹して楽しむのが、最適なようですね。

かく言う私も大した予定も立てずに、
相変わらず毎年は、本来仕事の数十年間、、、でしたので、
なんだか超特別な時間を頂いた特別休暇のGW。
外にでたれないので、本を読み、転寝を楽しみ、
「時間」という、性根が過ぎ去る性質の過酷な友人との
付き合いはこの際放っておく事は最高です。

一人で楽しめる、、なんて言っても、
とにかく「ヘ〜、へ〜」と唸る本が好きですので、
課題である100年前調べに没頭して居ます。

ところで、こんな作曲家の紹介。
ハンス・アイスラー 先生です。
先生で無くても良いのですが、
誕生が1898、〜1961というドイツ人を代表する一人です。
正統派クラシックを語る人からは出ない名前なのですが、
私にとっては重要な先生の作曲家です。

ベルリンでも東側の音楽大学は学校名に
この方の名前がついて居ます。
なかなか簡単には説明がいかないのですが、
第2次世界大戦前には、充実した音楽活動もしながら、
戦争で全ての概念が壊れてしまった作曲のひとりでしょう。

世に出回っている作品の収録の数が少ないのですが、
戦後は東ドイツ音楽中心人物で、
なんと東ドイツでは国歌も作曲して居ます。
全てのテキストは理解しきれませんが、
労働者階級の悲しみを歌っているものも多く、
今でも非常に大切にされて居ます。

すごい時代です1920年代!
枝葉のように伸びてしまう知識を想像すると
社会問題と同化している文化を知らずにはおられず、
この作曲家の音楽もまた重要な作品です。

明日からも楽しもう、
飽きずにステイホーム、です。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hanatsubaki.asablo.jp/blog/2020/05/04/9242907/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

カウンター