ついの棲家2018/03/10 23:22

都心まで車で出ることになり、
しばらく行かれなかった実家に寄りました。
両親共に元気で変わりないのは
何よりの安心ですね。

日暮れ時でしたがついでと思い、
お彼岸にも行かれるか分からぬや、
お墓参りをしようと上野まで。

駅から歩ける距離ほどのお寺。
親戚のお墓も多く、
子供の頃からの拠り所である。
都心のお寺ですので、
墓地自体が大きいわけではないのですが、
檀家の関係で埋葬は増えるわけで、
都度墓地を拡張してきた痕跡は、
土地の形で現れるものです。

数年前・・いや10数年前か。
奥の倉庫を片付けたので
新しく区画を分ける話になり、
父が購入。

私も一緒に見に行って、
穴開けた区画に自分で入ったりして
「ここならいいでしょうよ」となり
そのまま時が経過しましたが、
墓石購入の話になり、
年末に墓石を建立しました。

明るくて住み心地が良さそうです。
そうね、南向きで眺望も悪かない。
周りの建物が高いから、
少しでも陽に当たる方がよいし、
なにせ近所が親類の家ばかりだから、
遊びに来た子孫がすぐに見つけられないとね。
狭いところ苦手なんだけど大丈夫かな?
でも都会の一等地だから仕方ないし、
永代に弔われる場所があるだけで幸せでしょう。

なんだか気分もスッキリしますね。
こういう出来事は。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hanatsubaki.asablo.jp/blog/2018/03/11/8801505/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

カウンター